自作が難しい場合は業者に依頼しよう

ECサイトとは、インターネット上で商品やサービスを販売するサイトの事なのですが、目的はショップによって様々でしょう。例えば手作りの商品を作りながら一人で少しずつ売って行きたい場合に、費用の掛かるウェブサイトを立ち上げて販売して行くにはそれだけの利益を上げなければなりません。必然的に多くの商品を売らなければなりません。そうすると、それだけ業務にかかる費用も比例して増加し、本来やりたい商品づくりに割く時間も減ってしまいます。受注活動とその処理に時間が奪われるからです。これは本来の姿ではないのです。

本来の目的に立ち返れば、売れれば売れた分の利益は欲しいし、もっと売りたいし、良い作品や商品の販売に力を注ぎたい、そんな気持ちがあるでしょう。そんな手間がかかる物ならやらなきゃいいじゃないか。そんな意見もあろうかと思いますが、それでは販路を拡大する事も、WEBを上手く活用する事もできなくなります。

解決策として、そうしたシステム構築を業者に任せると言うやり方もあります。特に数人で会社を運営し、在庫管理や受注処理等をこなす「何でもやります」的な会社であればある程、業者委託へのメリットが生かせるはずです。その理由は上記に述べた通りです。その方が現実的だろうし、費用対効果も本業への努力も拡大でき、メリットが大きいでしょう。ぜひ、業者を上手に利用したいものです。