未分類

自作が難しい場合は業者に依頼しよう

ECサイトとは、インターネット上で商品やサービスを販売するサイトの事なのですが、目的はショップによって様々でしょう。例えば手作りの商品を作りながら一人で少しずつ売って行きたい場合に、費用の掛かるウェブサイトを立ち上げて販売して行くにはそれだけの利益を上げなければなりません。必然的に多くの商品を売らなければなりません。そうすると、それだけ業務にかかる費用も比例して増加し、本来やりたい商品づくりに割く時間も減ってしまいます。受注活動とその処理に時間が奪われるからです。これは本来の姿ではないのです。

本来の目的に立ち返れば、売れれば売れた分の利益は欲しいし、もっと売りたいし、良い作品や商品の販売に力を注ぎたい、そんな気持ちがあるでしょう。そんな手間がかかる物ならやらなきゃいいじゃないか。そんな意見もあろうかと思いますが、それでは販路を拡大する事も、WEBを上手く活用する事もできなくなります。

解決策として、そうしたシステム構築を業者に任せると言うやり方もあります。特に数人で会社を運営し、在庫管理や受注処理等をこなす「何でもやります」的な会社であればある程、業者委託へのメリットが生かせるはずです。その理由は上記に述べた通りです。その方が現実的だろうし、費用対効果も本業への努力も拡大でき、メリットが大きいでしょう。ぜひ、業者を上手に利用したいものです。

未分類

レスポンシブ

レスポンシブ(デザイン)に関しては、どちらかと言うと、その恩恵にあずかるのは購入者側で、例えば、表示形式の大小によって、ページのレイアウト・デザインを柔軟に調整することを指します。

PCのワイドな画面で粗い画像は観たくないものです。逆も然りで、スマホの画面に大きな容量の画像を提示した所で、視聴する側としては見づらいという印象しか残りませんし、場合によっては「このお店はこんなデザインしか出来ない質の低い所なのか?」と疑念を持たれてマイナスイメージを抱かれてしまいます。そういったことを避けるために、送り手側とすれば、様々なデバイスの画面や表示方法への対応を柔軟にしておかなければなりません。

即ち、ニーズへの対応とそれにコストを掛けなければならなくなります。もう少し進んだ話をすると、サイトの構造自体を変えなければならないし、何か商品に変更が生じた場合等に、デバイスごとの修正を逐一しなければなりませんから、そうした面倒な作業を無くすためにも、レスポンシブ(デザイン)の重要性が問われます。様々な機器や画面サイズに対応した単一のファイルで対応できようにすると、効率化が図れます。そして、それが巡り巡って本来の業務である販売にコストを掛けられることにつながるのです。

未分類

クラウド型のECサイト構築

ECサイトの維持管理には費用が掛かります。売り上げで相殺できる費用と作業であれば問題ないのですが、システム構築には何かと時間がかかるものです。例えば、オンラインでの取引について言えば、売り上げが伸びる程、それにかかる費用や受注処理、出荷、メール連絡等の業務が煩雑となります。

あまり意識しないかも知れませんが、そうした「手間」仕事も「コスト」と言う切り口で見れば大変な作業量つまり費用となります。できるだけコストダウンを図り、効率良く運営出来ればベターです。そして、時流に合ったシステムの対応が必要になります。

日々進歩するデバイスへの対応と、トレンドを読むソリューション、注文形態の違いによる臨機応変な処理技能、在庫管理データの共有化と一括管理、基幹システムを用いた日々の業務の効率化、受注から出荷までのデータ管理を円滑にする事、更に管理する側のデバイスの変化にも対応出来る様に対応しなければなりません。そうした諸問題の中で、主にコスト圧縮に関する部分は、クラウドを上手に利用してシステム構築をしたいものです。パッケージングされたクラウドシステムでECサイト管理を一括する事で、コストダウンを図ることを検討してみてはいかがでしょうか。

未分類

ECサイト構築とは

普段何気なくインターネットを使用している私達は、生活の上で欠かせない物(ツール)として認識していますが、知らず知らずのうちにその恩恵を受けています。例えば、探していた掘り出し物を見つけたり、在住地域のお店では取り扱っていない魅力的な商品を発掘し、購入したりする事などが挙げられます。インターネットの普及によって、なかった頃には想像だにしなかった生活様式に変わって来ています。ECサイトという言葉は、簡単に言えばネット上で商品販売する電子商取引(Electronic Commerceの略)の略称です。

あくまでECサイトはAmazonや楽天などと言った電子商店街とは別口で、例えば、メーカー直販、オンライン書店、個人商店がオンライン販売するといった個別の窓口としてのニュアンスが強く、各店舗が独自の戦略を打てるメリットがあります。逆に欠点として維持管理のコストがかかる事から、ECサイト立ち上げにあたっては、イニシャルコスト、ランニングコストを計算した上で、費用対効果の確認と、商品展開を短期、あるいは中期長期にわたって管理することが必要となります。立ち上げるからには魅力的なウェブサイトを構築すべきでしょう。そこで大事になるのは、商品の独自性を含めた訴求力とウェブサイト自体の魅力(利便性やディテールが明確な事)が他社と比較しづらいのが難しい点として浮上します。

例えば楽天などの「個人商店の集まり(商店街)」と比較して、構築の為の明確な規範が無い為、自由度はありますが、知名度は低いのです。そのため、「ここにこう言うお店がある」と存在をアピールする為の構築の仕方が重要になってくるのです。